眼精疲労

良く耳にするけど・・・ブルーベリーは眼精疲労に効果があるの?

疲れ目や目の渇きなど、眼精疲労によるトラブルは目に現れることが多いのですが、肩こりやめまい、吐き気などを引き起こす場合もあります。

このように眼精疲労の症状にはブルーベリーが非常に効果があると言われています。目に疲れを感じたらブルーベリーが良い…このような話を一度は耳にしたことのある方もいらっしゃるかと思います。

実際にブルーベリーが眼精疲労に効果があるかと言えば、それは正しいと言えます。ブルーベリーと言えば鮮やかな藍色をしていますが、この色素の源となっているのがアントシアニンと呼ばれる物質であり、これがロドプシンという物質の生成を手伝っているとされています。

このロドプシンという物質は、目の網膜の表面に存在します。つまり、ものの色合いやコントラストなどを把握するという働きがあり、破壊されては新しく生成されるというサイクルがあります。しかし、眼精疲労などの場合にこのサイクルが乱れ、ロドプシンが不足するために、ものの全体像を正しく把握できず、ぼやけたりかすんだりといった症状が現れてしまうのです。

そこで、ロドプシンを摂取することで、眼精疲労の症状を和らげることが出来るのです。ロドプシンを生成できる物質こそがアントシアニンであり、それを多く含む食材こそブルーベリーなのです。最近ではブルーベリーエキスをたっぷり配合したサプリメントもたくさん販売されており、アントシアニンを効率的に摂取出来るようになったので、眼精疲労でお悩みの方にはオススメです。

眼精疲労改善のための漢方は症状にあったものを選ぼう!

眼精疲労は様々な要因によって発症します。例えば、日頃から仕事でパソコンのディスプレイと長時間にらめっこしている…という場合、目を酷使しすぎて、眼精疲労を引き起こしてしまいます。また、自分自身の視力に合わないレンズがついたメガネをかけていると、目に必要以上の負荷をかけてしまうために、やはり眼精疲労を引き起こしやすくなるのです。

そもそも眼精疲労は目の周りの血流が悪くなり、老廃物が滞ってしまうとともに、新たな栄養分が行き渡らないことによって発症します。したがって、血行を促進させるように働きかけることが、眼精疲労の改善につながります。

血行促進にはマッサージや適度な運動が効果的であり、また、目に直接栄養分を与える目薬も併用することでより眼精疲労の改善を手伝ってくれますが、今、注目されているのが漢方なのです。

漢方は非常に多くの種類があります。これらは身体の悪い部分に直接働きかけて治すというよりは、身体中のバランスを整えることで、身体の悪い部分も含めて全体を改善していく効果があります。

多種多様な漢方の中から、眼精疲労に効果のあるものを選択するのはもちろんなのですが、自分自身の眼精疲労が何によるものかという原因を改善してくれるものを選ぶとより効果的です。例えば、ストレスが原因となっている場合は、それに対して効果のある漢方を選ぶようにしましょう。また、目の疲れに代表される眼精疲労であれば、身体中に栄養を行き渡らせる効果のある成分を含んだ漢方を選ぶと良いでしょう。

眼精疲労かなと思ったら早期に手を打て!オススメ解消法を紹介!

どんな病気でも当てはまることですが、早期に治療を開始すれば、症状が軽いうちに解消していきます。それは眼精疲労でも同じことです。「ちょっと目が疲れたな…」それは眼精疲労の始まりであり、それを放置していると、疲れが日に日にたまっていき、その症状は目だけでなく、肩こりや頭痛など、体全体に及んでくるのです。そのため、「目が疲れた」といったような眼精疲労の兆候が現れたら、早めに改善の対策を打って、症状を解消していくことが大切となります。

眼精疲労の解消方法として、基本になるのは、疲れた目を休ませることにあります。もし、パソコンや携帯電話の見すぎで眼精疲労を引き起こしている場合は、その「見すぎ」な生活習慣を改善していくことが求められます。もし、それが無理であれば、疲れた目をマッサージなどで癒してあげることが重要となるのです。

例えば、蒸したタオルと冷たく冷やしたタオルの2枚を用意しましょう。まずは蒸したタオルを目の上に当てます。これによって、目の周囲は暖まるとともに、血行がどんどん促進していきます。そもそも眼精疲労は目の周囲の血行が悪化していることによっても引き起こされます。そのため、目の周囲を温めることは、血行促進という点で非常に効果があるのです。また、凝り固まった目の周囲の筋肉をほぐしてあげる効果も期待できます。

次に冷たく冷やしたタオルを目の上の乗せます。これにより、目の周囲の筋肉を引き締めることが出来ます。つまり、目の周囲の筋肉を動かしてあげることで、筋肉に柔軟性を与えてくれるのです。

そのほかにも目のマッサージや眼球運動、さらには遠くを見るなども効果的です。眼精疲労かな…と思ったら、早めにこのような解消法を行っていくことで、より早期に改善することが出来ます。

眼精疲労はメガネで改善するときもあれば、悪化するときもある!

眼精疲労の原因の1つとして目そのものの病気が考えられます。遠くのものが見えづらい近視や、1つのものが複数に見えてしまう乱視などの場合、見にくいものを見ようと、無意識のうちに必要以上の力を目にかけてしまうために、結果として疲れ目など、眼精疲労の症状が現れてしまうことが多いのです。

そこで、眼精疲労の対策としてメガネをかけることが挙げられます。自分自身の視力にあったレンズが付いたメガネをかけることで、ものを見るときに目に必要以上の負荷をかける必要がなくなり、眼精疲労の改善につながります。

しかし、メガネも使い方を誤れば、眼精疲労をより進行させてしまうという弊害を生じてしまいます。

自分自身の視力に合わないレンズがついたメガネを使用すると、見えにくい状態でものを見ようとするために、目に余計な負担をかけてしまい、それが眼精疲労に結び付いてしまうのです。これは視力の低下にもつながってしまうために、注意が必要です。

また、視力というのは時間の経過とともに変化するものです。以前は自分の目に合っていたメガネも、時間とともに合わなくなってしまうことも多いため、日頃使っているメガネを定期的にチェックすることも大切です。

さらに、パソコンの画面など近くにあるものを凝視することが多い場合は、近くにあるものを見るためのメガネと、そうでないときにかけるメガネとで、上手く使い分けることで、その時々に応じてものの見方を変えられるため、眼精疲労には効果があります。

眼精疲労を感じる前に・・・まずは予防から始めよう!

眼精疲労は目の疲れや渇きなど目に直接関わる症状はもちろんのこと、めまいや吐き気、肩こりなどを引き起こす場合もあります。そんな眼精疲労の原因は様々で、近視や乱視など目そのものに関わるものから、長時間にわたってパソコンなどの画面を見続けたり、読者などで小さな文字を読み続けたりといった場合もあげられます。また、近年ではストレスによって眼精疲労が引き起こされるケースも急増しています。

では、眼精疲労を予防するためにはどうすれば良いのでしょうか?

それは、目の疲れや渇き、その他の眼精疲労の症状の原因を断つことが1つの方法であると言えます。例えば、パソコンを長時間見続けることで眼精疲労が発症している場合は、出来る限り1時間に1度、5~10分程度は目を休ませるように心がけるようにしましょう。ただ、仕事が忙しく、そんなに頻繁に休憩出来ないという場合は、10分に1度程度でかまわないので、パソコンの画面から目を離し、5秒程度遠くを見ることも眼精疲労には効果があります。

また、眼球の体操をすることも予防につながります。例えば、まずはゆっくり上下に動かし、次に左右に動かし、最後にぐるぐる回します。これを何回か繰り返すといいでしょう。

また、目の周囲を軽くマッサージすることで、血行促進につながります。眼精疲労は血行の悪化が原因となっている場合も多いため、マメにマッサージを行うことで、眼精疲労の改善や予防に効果があるのです。

意外な眼精疲労に伴う症状の1つ!それがめまいだ!

眼精疲労と聞けば、パソコンなど何かの画面を長時間見すぎているときや、小さな文字を凝視したりする場合に感じる目の疲れをイメージされる方は多いかと思います。確かにそれも眼精疲労なのですが、その症状が「目の疲れ」だけと思いこんでいる方も多いようです。

実は眼精疲労によってめまいを発症するケースもあります。めまいとは急に立ち上がるときなどに、頭がくらっとして、体がふらついてしまう症状です。そのため、めまいを発症しているときは体が疲労しているからだと考える方も多くいらっしゃいます。また、あまりにめまいが続くようだと、脳外科などを受診する方もいらっしゃるようです。そのため、めまいと眼精疲労が結びつかず、なかなか原因をはっきり出来ないケースも多々あるのです。

しかし、めまいというものの原因が血液の流れが滞ってしまった場合など、血流の悪化が原因であるとされるだけに、例えば、同じ姿勢を長時間続けた上で、パソコンのディスプレイを見続けるといった行動をしているような場合に、血流の悪化が起こり、めまいを引き起こしてしまうのです。血流が悪化すると、めまいだけでなく、例えば肩こりなども発症しやすくなってしまいます。つまり、眼精疲労とめまいは密接に結びついているとともに、他の症状も引き起こしやすくなるというわけです。

そこで、眼精疲労に伴うめまいを改善するためには、ストレスをためない生活を心がけることも大切ですが、血流を改善することも重要です。例えば、日頃からお風呂にゆっくりと浸かるなど、体を温めることも効果があります。眼精疲労に悩まされている場合、そしてめまいを感じる場合は、まず血行の改善を図ることをオススメします。

実はこんなにある!眼精疲労の様々な原因とは?

眼精疲労の原因といわれれば、まず真っ先に思い浮かべるのが、パソコンなどの画面や小さな文字を見続けたことによる目の疲れを思い浮かべるかもしれません。しかし、一言で眼精疲労といっても、その原因は様々なのです。

まず考えられるのが目そのものに何らかの病気がある場合です。例えば、視力が落ちてしまう近視に関して言えば、見えにくいものを無理に見ようとしてしまい、それが目そのものに多くの負荷をかけることにつながり、結果的に眼精疲労につながってしまうというケースです。その他にも、1つのものがいくつにも見えてしまう卵子ややたらと目の渇きを感じるドライアイも眼精疲労の要因です。また、緑内障や白内障も原因の一つとされています。

また、近視の場合は、見えないものを無理に見ようとすることも眼精疲労の原因となりますが、近視によってメガネをかける場合にも、そのレンズが目の視力にあっていない場合にも眼精疲労の原因となってしまうこともあるのです。

次に考えられる原因が、一般に知られている目の酷使による眼精疲労です。先述のように、パソコンの画面を長時間、しかも同じ体勢で見続けている場合や、読書など小さな文字を読み続けている場合に、目を酷使してしまい、それが眼精疲労につながります。

また、近年の眼精疲労の要因として増加傾向にあるのがストレスとされています。ストレスによって、肩こりや腰痛、胃潰瘍など様々な病気を引き起こしてしまいますが、その病気の一つに眼精疲労も含まれています。近年のストレス社会と呼ばれている世の中に生きる中で、ストレスに伴う眼精疲労もまた増加しているのです。

このように眼精疲労の原因は、目そのものの病気の場合もあれば、ストレスなどによるもの、さらにはアレルギーなど様々あるのだということを理解しておきましょう。

眼精疲労に効果のある栄養素・・・それはビタミンです!

眼精疲労はパソコンなどの画面を長時間にわたって見続けるなどで目を酷使したり、または過剰なストレスがあったり…その原因は様々であり、また現れる症状についても目の疲れやかすみなど目に直接関わるものだけでなく、頭痛や肩こりなど身体中に及びます。

そもそも眼精疲労はビタミンが不足しているとより発症しやすいとされています。そのため眼精疲労の改善のためには、ビタミンを日頃から積極的に摂取し、さらに不足しがちであればサプリメントなどで補うと良いでしょう。

しかし、ビタミンと一言で言ってもその種類は様々なのですが、どれをとっても目に健康を与えてくれます。例えば、ビタミンAは目の保湿に効果があるとともに、眼球内の細胞を健康に保つ働きがあります。ビタミンB2やB12は目の充血を防いでくれます。

さらにビタミンEは目の細胞を老化させてしまう活性酸素を体内で作ることを抑制してくれる効果があります。これはビタミンCに関しても同様で、いずれもアンチエイジングにも効果があるとされています。

このようにビタミンには様々な種類がありますが、眼精疲労にも効果があるだけでなく、身体中に様々な効果を与えてくれます。そのため、日頃からビタミンを摂取することを心がけ、不足分はサプリメントを上手く併用するようにしましょう。また、眼精疲労の場合は、ビタミンを豊富に含んだ目薬も多くの種類が販売されているので、こういったものを活用していくことをオススメします。

現代人の悩み・・・パソコンによる眼精疲労対策を紹介!

現代の生活の中でパソコンは必需品といわれるほどに、どこの家庭にも1台はあるという時代になりました。そして、日頃の仕事もパソコンなしでは成り立たないほどに普及しています。パソコンを使うのはもはや日常茶飯事でなのですが、仕事でもパソコンを使い、また家に帰ったらインターネットでネットサーフィン…このようにパソコンのディスプレイを見続けるような生活をしていると、「目が疲れる」などの眼精疲労の症状につながってしまいます。

日頃の仕事で、またパソコンのディスプレイの見すぎで眼精疲労を感じている場合、その症状を悪化させる前に、様々な対策を実践してみることをおすすめします。

例えば、すぐに出来る対策としては、ディスプレイの輝度やコントラスト、背景色を変更してみることも一つの方法です。日頃お使いのパソコンのディスプレイが明るすぎると感じたことはありませんか。やたらとまぶしすぎるディスプレイを長時間見ていると、やはり眼精疲労につながってしまいます。そんなときは、パソコンの機能の一つにディスプレイの輝度やコントラストを下げる設定があるため、これを利用して現在の設定から何割かダウンしてみるといいでしょう。これによって眼精疲労も緩和できるとともに、実は電気代の節約にもつながるのです。

また、日頃の仕事の中で、書類作成などのソフトウェアを利用することがあるかと思います。このとき、背景色は白に設定されているのが一般的ですが、これでも画面が明るくまぶしく見えるために、眼精疲労につながってしまうのです。この場合も、背景色を黒などの暗めの色にし、文字の色を白にすることで、眼精疲労は緩和されます。

その他にも、パソコンを長時間見続けたために眼精疲労を感じやすくなっている場合は、目の周辺をマッサージしたり、また目の疲れを取ってくれる効果のある栄養素を含んだサプリメントを日頃から服用するなどの対策を行うと、より眼精疲労の緩和や予防につながります。

早期改善のために・・・眼精疲労のときは眼科を受診してみよう

眼精疲労の症状は様々です。目の疲れやかすみといった、一般的にイメージしやすい症状はもちろんですが、肩こりや頭痛などを引き起こすこともあるのです。つまり、必ずしも症状は目ばかりではないということです。

もし、眼精疲労の症状があるという場合、もちろん目の周囲のマッサージを行ったり、サプリメントを服用したりなど、個人でも様々な治療が出来る上に、もちろんこれらでも大きく改善する可能性もあります。しかし、眼精疲労の原因がハッキリしない場合もあるかもしれません。例えば、パソコンの画面などを長時間見たわけでもないのに、なぜか眼精疲労の症状がある…といった場合です。こういった場合、目に何らかの病気が潜んでいる可能性があるため、眼科を受診してみるのも一つの方法です。

例えば、眼精疲労は白内障や緑内障の場合にも発症しやすいとされています。こういった場合は、手術を行う必要性も出てくるのです。また、日頃使っているメガネのレンズが、自分自身の視力にあっていない場合、目に余計な負担をかけてしまい、それが眼精疲労を引き起こしてしまうのです。こういった場合は、自分にあったメガネを作ってもらったり、眼科を受診してカウンセリングをしてもらうことで改善することが出来ます。

眼精疲労は生活習慣病ともいえます。原因となるものを取り除くとともに、改善に導くためのマッサージや適度な運動を行うことも重要です。さらに、眼科の受診を併用していくことで、より早期に改善することが見込めるのです。